2017年12月12日火曜日

2017年度研究成果報告会をおこないます

社会学研究科では、大学院生・研究員の2017年度の研究成果報告会を下記の要領でおこないます。

(記)
日時:2018年2月9日(月)9:00〜17:00

場所:関西学院大学社会学部棟第1セミナールーム(予定)

参加費・申し込み:不要

※詳細は決定次第、掲載します

共同研究会「誕生と死をめぐる生命観の変容」を開催します

共同研究班「誕生と死をめぐる生命観の変容」は、下記の要領で、研究会をおこないます。

テーマ:誕生と死をめぐる生命観の変容

内容:現代における誕生と死をめぐる状況は、さまざまな価値観のなかで転換期を迎えているといえる。本研究会では、誕生と死に関する通過儀礼などを中心に調査・研究を続ける民俗学者である板橋春夫教授をお迎えし、誕生や死に関する民俗学的知見についてご講演いただく。そして、看護職の立場を有する本研究班メンバーの体験談を交え、民俗学や医療の領域における誕生と死の観念を社会学的に再解読する。それらを踏まえて、この問題に対して、民俗学や社会学といった学問の立場からどのような貢献が可能なのかについて考えることを本研究の目的としたい。

 日時:20171223日(土)14:0017:00

場所:関西学院大学 上ケ原キャンパス 大学院1号館 2209号室

講演者:板橋春夫(日本工業大学・教授)
(講演者紹介)
新潟県立歴史博物館参事を経て、20174月から現職。専門は日本民俗学。筑波大学で博士(文学)を取得。主な著書に、『誕生と死の民俗学』『出産―産育習俗の歴史と伝承「男性産婆」―』『生死―看取りと臨終の民俗・ゆらぐ伝統的生命観―』『葬式と赤飯―民俗文化を読む―』(以上単著)、『日本人の一生―通過儀礼の民俗学―』(編著)がある。 

参加無料・予約不要

お問い合わせ:okaiku*kwansei.ac.jp岡いくよ)*をアットマークに変換

2017年8月2日水曜日

共同研究班「これからの都市と居場所と協働を考える会」が研究会おこないます

共同研究班「これからの都市と居場所と協働を考える会」は、下記の要領で、研究会「子ども食堂から都市とコミュニティの現在を考える」をおこないます。

内容
現在、子ども食堂ということばを頻繁に耳にします。しかし、その実態はどのようなものなのかは意外と知られていません。そこで、本研究会では、子ども食堂の運営に関わる方々、子ども食堂を対象とした研究活動を行っている方々にご参画いただき、子ども食堂の実態についての最新の知見を得るとともに、子ども食堂から見えてくる都市とコミュニティの現在について考えていきます。

日時:2017年8月5日(土)14:00〜17:00
場所:関西学院大学 上ケ原キャンパス
   先端社会研究所(社会学部棟3F) セミナールーム1

タイムテーブル

第一部 ガイダンス・基調レクチャー             14:00~14:40

ガイダンス:関西学院大学非常勤講師/同志社大学嘱託研究員 松村 淳
基調レクチャー:立命館大学産業社会学部 准教授   柏木 智子氏

第二部 パネルディスカッション             14:50~16:30
パネリスト:  特定非営利活動法人ところ 代表理事  斉藤 智文氏
         夢うららほっとステーション 副会長  池田 多瑛氏
         一般社団法人つなぐ     理事  尾関 泰輔氏
         関西学院大学                非常勤講師  尾添 侑太氏
コメンテーター: 柏木 智子氏
司会・進行: 松村 淳

第三部 交流会                           16:30~17:00
講師・パネリスト・参加者で交流会を予定しております。

入場無料。特に事前申し込みは必要ありませんお気軽にご参加下さい。


  

2017年2月16日木曜日

社会学研究科研究成果発表会をおこないます

例年、年度末におこなっています「社会学研究科研究成果発表会」を以下の要領でおこないます。

今年は、以前にも増していろいろな議論が沸くように、口頭発表はセッション形式でおこないます。また、ミニシンポジウムでは、研究者を目指す院生たちにとって必要とされることを先輩に当たる教員・研究員たちからのアドバイスなどをもらう予定にしています。

お忙しい中とは思いますが、みなさま、万障お繰り合わせの上、ご参加いただきますようお願い申し上げます。


■日時: 02月 20日 (月) 09時 00分  ~  17時 30分
■場所・開催地:関西学院大学上ケ原キャンパス 社会学部棟3階 セミナールーム

社会学研究科では、大学院生/研究生を中心とした研究成果発表会を次のとおり公開形式で実施いたします。
つきましては、学内外の研究者の皆さん、学部生・大学院生の皆さんなどご希望の方はご参加ください。

社会学研究科研究成果発表会・開催要領

■タイムスケジュール
9:00~ 9:15  開会の挨拶
9:15~15:30  口頭発表
15:45~17:15  ミニシンポジウム
17:15~17:30  閉会の挨拶
※途中参加・退出自由
 
■口頭発表
 セッションごとに、コメンテーターを中心に、発表者・フロアなどと総合討論をおこないます。

セッション1(9:15〜10:45)
「生きられる多様性」の現状/困難/作法(司会・コメント:貴戸/白波瀬)
  岡本真生  創造されつづけるフォーク・レリジョン-「稲荷信仰」を事例として-
  小田二元子 性に関する社会学的考察
  伊藤康貴  「社会/自己」を志向する「ひきこもり」当事者活動――当事者団体Aを事例に
  飯塚諒   聴覚障害者の情報保障について

セッション2(11:00〜12:30) 
 生まれ/生き/逝くことの現在 (司会・コメント: 関根/村田)
  岡いくよ  周産期の母と子をめぐる現状
  智原あゆみ 承認に関する意識の規定因の検討――”誰からの”承認かに着目して
  藤井亮佑  遺品の社会学的研究――遺品整理業を事例に
  奥田絵   「正当な補償」の時代的変容——大規模公共事業の現場における生活権の所在について考察する

セッション3(14:00〜15:30)
 食べて、祈って、楽しんで (司会・コメント: 島村/鈴木(謙))
  広尾克子 「カニ供養」行事の意味について
  三隅貴史 神輿会の民俗学的研究
  谷岡優子 戦後芸能史における花柳界の位置付けに関する一考察
  生井達也 たまり場としてのライブハウス


■ミニシンポジウム (15:45〜17:15)
 テーマ    :社会学を究める技法 ─「修士時代」にマスターすべきこと─
 参加者    :加藤仁彦、松野靖子、山岸蒼太
 アドバイザー :金太宇、濱田武士、林准教授 
 司会進行   :関教授

■ポスター発表
 時 間:9時~17時半
 会 場:セミナールーム
 発表者:
  加藤仁彦  大衆的脆弱性と社会的=扶助的なものの系譜
  松野靖子  戦後日本における保守思想―福田恆存の軌跡
  山岸蒼太  障碍者解放運動と視覚障害者運動の接点―関係者へのインタビューの分析を中心に
  楊芳溟   日本に在住する中国人既婚女性の異文化適応について
  三阪夕芽子 国民統合過程にみる葛藤―ケニアの大統領選挙期間におけるキリスト教的言説に着目して

2016年3月17日木曜日

社会学研究科 学位授与式

2016年3月17日、社会学部チャペルにて社会学研究科の学位記授与式が行われました。

 

 

2016年3月9日水曜日

院生企画研究会を開催しました。


研究会の内容は以下の通りです。



日時:2016227日(土) 9:3012:00

場所:先端社会研究所セミナールーム(関西学院大学社会学部棟3F

報告者:俵木悟氏

 
本研究会は以下の2点について学ぶ研究会です。

①祭礼・民俗芸能を維持している人びとが、時代の変化に対して、どのように対応することで、祭礼・民俗芸能を維持している(あるいは維持を中断している)のだろうか?

②人口減少時代の日本において、どのように民俗学者は調査地の人びとと関わっていくべきなのだろうか?


プログラム

9:3011:00 俵木悟氏による報告
11:0012:00 総合討論: 民俗学者と調査地との関係を考える

報告者:俵木 悟氏(成城大学 文芸学部 文化史学科准教授)
  千葉大学大学院 文学研究科修了後、千葉大学大学院 社会文化科学研究科で博士(学術)を取得。 現在は成城大学 文芸学部 文化史学科准教授。
 専門分野は民俗学。研究テーマとしては、民俗芸能、無形文化遺産保護制度など。
 共著作、共編著作として、『日本の民俗9 祭りの快楽』(吉川弘文館、2009年)、『民俗小事典 神事と芸能』(吉川弘文館、2010年)がある。
 主な論文に、「民俗芸能の実践と文化財保護政策―備中神楽の事例から―」(『民俗芸能研究』(25):42-631997年)、「儀礼の安定性と自己生成―人類学的儀礼研究素描―」(『文化人類学研究』(1):2-212000年)、「文化財としての民俗芸能―その経緯と課題―」(『藝能史研究』(160):48-732003年)、「民俗芸能の「現在」から何を学ぶか」(『現代民俗学』(1):79-882009年)、「文化財/文化遺産をめぐる重層的な関係と、民俗学の可能性」(『東洋文化』(93):177-1972012年)、「東松島市月浜の被災民俗文化財調査からみる、民俗行事の伝承と生業の復興」(高倉浩樹・滝澤克彦編『無形民俗文化財が被災するということ―東日本大震災と宮城県沿岸部地域社会の民俗誌―』新泉社、111-1202014年)などがある。
 

2016年2月9日火曜日

2015年度 研究成果発表会を行いました。


当研究科に在籍する大学院生による研究成果発表会が行われ、活発な議論がなされました。




(荻野昌弘 社会学研究科委員長による総括)





2015年度 研究成果発表会 プログラム

2016年2月18日(木)



▼ 920930 開会の言葉(島村 恭則)


▼セッション1(司会:白波瀬 達也) 

1-1  9:3010:05   智原 あゆみ(博士課程後期課程1年)

承認に関する意識の測定枠組みの検討

(コメンテーター:中野 康人)

1-2  10:0510:40  奥田 絵(博士課程前期課程2年)

大規模開発と補償における社会学的研究――熊野川水系北山川流域を事例に

(コメンテーター:関 嘉寛)

1-3  10:4011:15  小田二 元子(博士課程後期課程1年)

いかにして親密性は築かれるか?――レズビアン・バーにおける調査を事例に

(コメンテーター:金 明秀)

1-4  11:1511:50  飯塚 諒(博士課程後期課程2年)

聴覚障害者の自立生活のゆくえ――聴覚障害者の耳の代わり論とはなにか

(コメンテーター:阿部 潔)

昼休憩(60分)
 
 ▼セッション2(司会:林 梅) 

2-1  12:5013:25  生井 達也(博士課程後期課程1年)

労働と非労働の二元論を超えて――インディー・ミュージシャンへの人類学的考察

(コメンテーター:鈴木 慎一郎)

2-2  13:2514:00  谷岡 優子(博士課程後期課程1年)

花柳界における伝承の現在――松山市・秋田市の事例を中心に

(コメンテーター:三浦 耕吉郎)

2-3  14:0014:35  広尾 克子(博士課程後期課程1年)

都市に認知されるカニ

(コメンテーター:今井 信雄)

2-4  14:3515:10  岡 いくよ(博士課程後期課程1年)

周産期における開かれた対話――周産期女性とそれを取り巻く人々の対話における多元性

(コメンテーター:佐藤 哲彦)
                                       
15:1015:20 総括(荻野 昌弘)
 
15:2015:30閉会の言葉(荻野 昌弘)
 
18:00~懇親会